退職挨拶はがき 印刷見本

画像をクリックするとすると申し込みフォームへ移動します。
赤線内の文章は、全文変更できます。
 申し込みフォームは雛形見本文章を入力していますので、
 お客様のご都合に合わせて、文章を変更して下さい。

退職はがき

□□の候となり皆様にはますますお元気でお過ごしのことゝお喜び申し
あげます。
さて、このたび一身上の都合により勤めをやめさせていたゞくことになり
ました。
ほんとうに永い間公私にわたり色々とお世話になりましたこと、こゝに
厚くお礼申しあげます。いたらぬ私ではございましたが、皆様方のお蔭で
大過なく勤めさせていたゞき喜んでおります。
人生の貴重な体験として、今後に活かしていくつもりでございます。
先ずは取り急ぎ粗簡をもちまして、お礼申しあげます。
末筆ではございますが、ご健康とご多幸をお祈りいたします。
退職はがき

拝啓 □□の候 益々御清栄のこととお慶び申し上げます。
                        さて 私こと 
このたび、□□□□□□□を退社致すことになりました。
在職中は永年にわたり公私共格別の御指導と御高庇を賜わり洵に有難く
厚く御礼申し上げます。
就きましては今後共従前同様変わらぬ御厚誼と御支援を賜わりますよう
偏にお願い申し上げます。
一々拝眉の上、親しく御礼申し上げるべきが本意でございますが、
取り敢えず書中にて御礼旁々御挨拶申し上げます。   敬 具
定年退職はがき

拝啓 □□の候 皆様には益々御清栄の事とお慶び申し上げます
                         さて 私こと
このたび□□月□□日をもちまして□□□□□を定年退職致しました
顧みますに□□年余りの永きにわたり皆様方の公私共に絶大なる
御指導と御鞭撻に依りまして大過なく過しました事は終生忘れる事の
出来ない思い出であります 又退職に当り何かと御高配に預かり厚く
御礼申し上げると共に深く感謝致しております
早速拝眉の上御礼申し上げるべきが本意でございますが取り敢えず
書状にて御礼旁々御挨拶申し上げます         敬 具
定年退職はがき

謹啓 □□の候 皆様方には益々御清祥のこととお慶び申し上げます。 
                           私こと
このたび、永年お世話になりました□□□□□を□月□日をもち
まして定年退職いたしました。昭和□□年□□月入社以来□□□年余の
長い間大過なく勤務できましたのも偏に皆様方の公私にわたるご厚情と
ご指導の賜ものと心より感謝し厚く御礼申し上げます。又退職に際し
ましては過分なご配慮を賜わりましたこと誠に有難く厚くお礼申し上
げます。
末筆ながら皆様方のご健康とご多幸を心よりお祈りし、略儀ながら書中
をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます。        敬 具
退職はがき

謹啓 □□の候 皆様には益々御清栄のこととお慶び申し上げます
                          私こと
この度永年お世話になりました□□□□□を□□月□□日をもちま
して退職いたしました
在職中は皆様方より公私に亘り心からなる御指導と御厚情を賜り充実
した日々を過ごさせていただき数多くの思い出を残しつゝ無事今日を
迎えることができましたことを深く感謝し厚くお礼申し上げます
こゝしばらくは家に在りて晴耕雨読の生活を楽しみたいと思います
今後とも変らぬ御指導と御厚情を賜りますようお願い申し上げます
末筆ながら皆様の御健勝と御多幸をお祈り申し上げ御礼旁々御挨拶
申し上げます                    敬 具
定年退職転職はがき

謹啓□□の候 皆様には益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。
                         さて 私こと
去る□□月□□日付をもちまして□□□□□□を定年退職いたしました。
□□□□余年の間無事に務め終えることができましたのも皆様の温かい
御指導と御援助の賜ものと深く感謝いたしております。
退職後は、□□□□□□□□□□□に、元気で勤務いたしておりますので
今後ともよろしくご交誼を賜りますようお願い申し上げます。
末筆ながら皆様の御健康と御多幸を心からお祈り申し上げます。
                             敬 具
退職開業はがき

拝啓 □□の候 いよいよ御清栄のこととお喜び申し上げます。
                        さて、私こと
□□□□□□□□□を□□月□□日にて退職し、□□□□□□にて
□□月□□日再スタート致します。   
□□□□□在任中、格別のご支援を賜り、まことにありがたく、
心からお礼申し上げます。
今後はお客さまに喜ばれる良いお店をつくり上げていきたいと思って
おりますので、ひき続き一層のご支援ご指導をお願い申し上げます。
末筆ながら皆さま方のご健康とご多幸を心からお祈りいたします。
                         敬 具
定年退職はがき

拝啓 □□の候 皆様には益々ご清栄の事とお慶び申し上げます。
                       さて 私こと
この度□□月末日をもちまして、□□□□□□を定年退職致しました。
顧みますと、□□年間の永きに亘り公私共にご支援を賜りお蔭様で
無事に定年を迎えられたことを心から感謝申し上げるとともに厚く
お礼申し上げます。
これからは健康に留意し心豊かな日々を過ごしたいと考えております。
今後とも変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。
末筆ながら皆様のご健勝とご多幸を心から祈念しお礼のご挨拶とさせて
頂きます。                      敬 具
退職転職はがき

謹啓 □□の候 皆様には益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。
                         さて 私こと
去る□□月□□日付をもちまして□□□□□を最後に□□□□を退職いた
しました。  
□□余年の間無事に務め終えることができましたのも皆様の温かい御指
導と御援助の賜ものと深く感謝いたしております。
また、このたびの退職に際しましては心のこもった送別の宴を催してい
ただき、重ねて多くの方々から過分な記念品を頂戴し有難うございました。
皆様の暖かい思い出として末永く大切に使わせていただきます。
退職後は、□□□□□□□□□□に、元気で勤務いたしておりますので
今後ともよろしくご交誼を賜りますようお願い申し上げます。
末筆ながら皆様の御健康と御多幸を心からお祈り申し上げます。
                            敬 具
退職転職はがき

謹啓 □□の候 皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
                        さて 私こと
この度□□月末日をもちまして□□□□□を円満に退職させて
頂き、□□月より□□□□□□□で勤務することとなりました。
□□□□□に在職中は公私にわたりご厚情を賜り厚く御礼申し
上げます。
今後とも あいかわりませず御交誼ならびに御指導の程よろしくお願い
いたします。
まずは 略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。  
                          敬 具
定年退職はがき

謹啓 早春の候 皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます  
                         さて 私こと
このたび○○月○○日付けをもちまして○○警察署を最後に○○県警を
退職させていただきました
顧みますと警察に職を奉じて以来○○○余年の永きにわたり大過なく
今日を迎えることができましたのは ひとえに上司 先輩をはじめ
皆様方の温かいご指導の賜と心から厚くお礼申し上げます
これからは第二の人生を歩むことになりますが 初心にかえって頑張る
覚悟でございますので 今後ともよろしくご指導とご厚情を賜ります
ようお願い申し上げます
末筆ながら皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈りいたしましてお礼かたがた
退職のご挨拶にかえさせていただきます          敬 具