忌明け挨拶状 単カード 印刷見本

画像をクリックするとすると申し込みフォームへ移動します。
赤線内の文章は、全文変更できます。
 申し込みフォームは雛形見本文章を入力していますので、
 お客様のご都合に合わせて、文章を変更して下さい。

仏式 忌明け挨拶状

謹啓 □□□の候 ご尊家ご一同様には愈々ご清祥のことゝお慶び申し
上げます
過日 亡□ □□儀 死去の節はご繁忙中にもかゝわらずご懇篤なる
ご弔慰を賜わり尚格別のご厚志に預り洵に有難く厚くお礼申し上げます
お蔭を以ちまして本日滞りなく満中陰の法要を相営み忌明け仕りました
早速拝趨親しく御礼申し上ぐべき筈ではございますが略儀乍ら粗箋を
以ちまして謹んで御礼ご挨拶を申し上げます        敬具
仏式 忌明け挨拶状

謹啓 □□の候 御尊家様には愈々御清祥の段慶賀の至りに存じ上げます
さて 過日 亡□ □□ 儀 他界の節は御懇篤なる御弔慰を賜わり
尚格別の御香志に預り洵に有難く厚く御礼申し上げます
お蔭をもって満中陰の法要を滞りなく相済ませ忌明致しました
就きましては早速拝趨の上親しく御礼申し上ぐべき筈で御座いますが
略儀失礼乍ら書中をもって御礼御挨拶申し上げます     敬具

尚 忌明に際しまして供養の印までに心ばかりの品お届け
      申し上げましたので何卒御受納下さいます様お願い
      申し上げます
仏式 忌明け挨拶状

謹啓 □□の候 御尊家様には益々御清祥の段大慶に存じ上げます
先般 亡□ □□儀 葬送の節は御懇篤なる御弔慰を賜わり尚格別の
御厚志に預り洵に有難く厚く御礼申し上げます
お蔭をもちまして満中陰の法要滞りなく相済ませました
就きましては早速拝趨親しく御礼申し上ぐべき筈で御座いますが略儀
失礼ながら書中を以て御礼旁々御挨拶を申し上げます     敬具

追而 満中陰忌明に際し故人の遺志により□□□社会福祉協議会へ
         ご芳志の一部を寄贈し供養に代えさせて頂きましたので
         御諒承の程お願い申し上げます
仏式 忌明け挨拶状

謹啓 □□の候 御尊家御一同様愈々御清祥の段慶賀の至りに存じます
さて 過日 亡□ □□ 儀 他界の節は御繁忙中御懇篤なる御弔慰を
賜わり尚格別の御香志に預り洵に有難く厚く御礼申し上げます
お蔭をもちましてこの程
 □□□□□□□□□□□□□□
満中陰の法要を滞りなく相営み忌明仕りました
つきましては早速拝趨の上御礼申し上ぐべき筈で御座いますが略儀にて
失礼乍ら粗戔を以て謹んで御挨拶申し上げます        敬 具
仏式 忌明け挨拶状

謹啓 ○○の候 皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます
過日  亡夫 福岡一郎 儀 死去の節は御懇篤なる御弔慰を賜り尚格別の
御香志に預り洵に有難く厚く御礼申し上げます
御蔭をもちまして忌明け法要も滞りなく相済ませました
つきましては皆様から頂戴いたしました御厚志を故人の供養料と遺され
ました私共の生計・教育費にあてさせて頂きたくご了承賜わりますよう
お願い申し上げます
先ずは略儀失礼ながら書中を以って御礼の御挨拶を申し上げます
                       敬 具
仏式 忌明け挨拶状

拝啓 ○○の候 皆様におかれましては御健勝のことと存じ上げます
先般 夫 一郎の永眠に際しましては早速お運びくだされ御焼香を賜り
また御鄭重なる御芳志を戴きましてまことにありがとうございました
お陰をもちまして忌明けの法要を営むことが出来ました 生前故人に
賜りました御厚情に深く感謝申し上げます
一郎は ○○歳という若さでこの世を去ることになってしまいましたが
沢山の幸せを残していってくれました 明るく優しい良い父であり
夫でした 子供達も父親の死を乗り越え頑張っております
皆様から頂戴いたしました御芳志は子供の養育に使わせて戴きたく
ご諒承の程お願い申し上げます
今後とも従前同様の御交誼を賜りますようお願い申し上げまして
御挨拶とさせて戴きます                敬 具
仏式 忌明け挨拶状

謹啓 先般 亡□ □□ 儀 永眠に際しましては御丁重な御弔慰を
いただき御厚志のほど有難く御礼申し上げます
お蔭をもちまして 忌明け法要を営みましたので追善の微意を表し
心ばかりの品をお送り致しましたのでご受納くださいますよう
お願い致します
実は拝眉の上 御礼申し上ぐべき処 略儀ながら 書中をもって 謹んで
御挨拶申し上げます                  敬 具
仏式 忌明け挨拶状

過日 亡□ □□儀 死去の節は御懇篤なる御弔慰を賜り尚格別の
御香志に預り洵に有難く厚く御礼申し上げます
御蔭を以って忌明け法要も滞りなく相済ませました
つきましては 早速拝趨親しく御礼申し上げるべき筈でございますが
略儀失礼ながら書中を以って御礼の御挨拶を申し上げます  敬具

追伸 心ばかりの粗供養をお届け致しました
         お納め頂ければ幸甚に存じます
仏式 忌明け挨拶状

謹啓 時下ますますご清祥のことと拝察申し上げます
過日  亡□ □□儀 死去の節は御懇篤なる御弔慰を賜り尚格別の
御香志に預り洵に有難く厚く御礼申し上げます
御蔭を以って忌明け法要も滞りなく相済ませました
つきましては 早速拝趨親しく御礼申し上げるべき筈でございますが
略儀失礼ながら書中を以って御礼の御挨拶を申し上げます  敬具

追伸 心ばかりの粗供養をお届け致しました
         お納め頂ければ幸甚に存じます
仏式 忌明け挨拶状

謹啓 御尊家御一同様愈々御清祥の段慶賀の至りに存じます   
さて 過日 □ □□儀 他界の節は御繁忙中御懇篤なる御弔慰を賜わり
尚格別の御香志に預り洵に有難く厚く御礼申し上げます
お蔭をもちましてこの程
 □□□□□□□□□□□□□□
満中陰の法要を滞りなく相営み忌明仕りました
つきましては早速拝趨の上御礼申し上ぐべき筈で御座いますが略儀にて
失礼乍ら粗箋を以て謹んで御挨拶申し上げます           敬具

追伸 心ばかりの粗供養をお届け致しました
         お納め頂ければ幸甚に存じます
仏式 忌明け挨拶状

謹啓 御尊家様には益々御清祥の事と存じ上げます   
さて 過日 亡□ □□ 儀 死去の際は御繁忙中御鄭重なる御供物
御香典を賜わり御厚情の程洵に有難く厚く御礼申し上げます
お蔭をもちまして満中陰の法要も滞りなく相済ませました
生前故人に寄せられました御厚情の数々茲に深謝申し上げ今後共よろしく
お願い申し上げます
実は拝眉の上親しく御礼申し上ぐべき筈の処甚だ粗略乍ら取り敢えず
書中を以って厚く御礼申し上げます   敬具
仏式 忌明け挨拶状

謹啓 御尊家愈々御清祥の段慶賀の至りに存じ上げます   
過日 亡□ □□儀 死去の節は御懇篤なる御弔慰を賜り尚格別の
御香志に預り洵に有難く厚く御礼申し上げます
お蔭をもちまして中陰滞りなく相済ませました
つきましては 早速拝趨親しく御礼申し上げるべき筈でございますが
略儀失礼ながら書中をもちまして御礼の御挨拶を申し上げます       
尚 香典返しの儀は甚だ勝手乍ら□□□□□□□へ寄贈させて戴きました
ので何卒御了承下さいますようお願い申し上げます      敬具
仏式 忌明け挨拶状

謹啓	□ □の候皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます						
さて 先般 □ □□儀 永眠の際にはご多忙中にもかかわらず御懇篤なる
ご弔問をいただきかつ御鄭重なる御芳志を賜り誠にありがたく厚く御礼
申し上げます
満中陰の法要に当たりここに故人生前中の御厚情を深く感謝申し上げます
と共に今後も一層の御厚誼を賜りますようよろしくお願い申し上げます
尚 誠に失礼ではございますが忌明のしるしまでに心ばかりの粗品を
お届け申し上げますので何卒ご受納下さいますようお願い申し上げます
書面にて失礼ではございますがまずは御礼かたがたご挨拶申し上げます
					敬具
仏式 忌明け挨拶状

謹啓 時下ますますご清祥のことと拝察申し上げます
過日  亡□ □□儀 死去の節は御懇篤なる御弔慰を賜り尚格別の
御香志に預り洵に有難く厚く御礼申し上げます
御蔭をもちまして忌明け法要も滞りなく相済ませました
つきましては 早速拝趨親しく御礼申し上げるべき筈でございますが
略儀失礼ながら書中をもちまして御礼の御挨拶を申し上げます
尚 香典返しの儀は甚だ勝手乍ら□□□□□□へ寄贈させて戴きました
ので何卒御了承下さいますようお願い申し上げます      敬具
仏式 忌明け挨拶状

謹啓 時下ますますご清祥のことと拝察申し上げます
先般 亡□ □□ 儀 葬送の節はご鄭重なる御厚志を賜り有難く厚く
御礼申し上げます
お蔭をもちまして満中陰の法要滞りなく相済ませました
就きましては早速拝趨親しく御礼申し上ぐべき筈で御座いますが略儀
失礼ながら書中を以て御礼旁々御挨拶を申し上げます   敬 具

尚 御香典返しの儀でございますが甚だ勝手ながら この度の
  ○○○○災害義援金として日本赤十字社を通じて寄附
  させて戴きましたので何卒御諒承下さいますようお願い
  申し上げます
仏式 忌明け挨拶状

謹啓 皆様におかれましてはお変わりなくお過ごしの事と存じます
先般 亡□ □□□□ 永眠に際しましてはお心のこもった御弔詞
御芳志を賜り有難く厚く御礼申し上げます
御蔭をもちましてこの程忌明け法要を滞りなく相営みました
就きましては供養の印までに心ばかりの品をお届け致しますので何卒
御受納くださいますようお願い申し上げます
本来ならば御伺いの上御礼申し上げるべきところ略儀ながら
書中をもちまして謹んで御礼旁々ご挨拶申し上げます   敬 具
仏式 忌明け挨拶状

謹啓 かねてより療養中の○ ○○ は ○○月○○日に旅立ちました
享年○○歳でした
故人の生前に賜りましたご交誼に厚く御礼申し上げるとともに満中陰を
もちましてここに謹んでご通知いたします
葬儀におきましては故人の生前の意志に従いまして誠に勝手ながら
親族及び故人の親友と共に「家族葬」としてごく親しい方々に囲まれて
執り行いました
故人の生前の親交が偲ばれる大変なごやかな葬儀となりました

尚 お供えや御香典につきましてはお心のみ頂戴させて頂き 故人の遺志を汲み
ここにご辞退させて頂きたく何卒お願い申し上げます    
                               敬 具
仏式 忌明け挨拶状

謹啓 ○○の候 皆様には益々ご清祥のこととお慶び申しあげます
先般 亡夫 一郎 儀 永眠の際はご丁寧なご弔意ならびにお供物を
いただきましてお心のほど誠にありがたく厚くお礼を申しあげます
お陰をもちまして
 ○○○○○○○信士
七七日の法要を相営みました
本来ならお目にかかりお礼を申しあげるところでございますがここに
謹んでご挨拶申しあげます 
                                        敬 具

なお 供養の印までに心ばかりの品をお届けいたしました
   なにとぞお納めくださいますようお願いもうしあげます
仏式 忌明け挨拶状

  忌 明 御 礼

謹啓 ○○の候 皆様には愈々ご清祥のことゝお慶び申し上げます
過日  亡父 一郎 儀 死去の節はご繁忙中にもかゝわらずご懇篤なる
ご弔慰を賜わり尚格別のご厚志に預り洵に有難く厚くお礼申し上げます
また故人生前中は皆様より何かと御懇情を賜りありがとうございました
お蔭をもちまして滞りなく満中陰の法要を相営み忌明け致しました
早速拝趨親しく御礼申し上ぐべき筈ではございますが略儀乍ら粗箋を
もちまして謹んで御礼のご挨拶を申し上げます      敬 具
仏式 忌明け挨拶状

謹啓 先般 亡父 福岡一郎儀 永眠に際しましては御丁重な御弔慰を
いただき御厚志のほど有難く厚く御礼申し上げます
お陰をもちましてこの程
 ○○○○信士
納骨法要を滞りなく相済ませました
つきましては 早速拝趨親しく御礼申し上げるべき筈でございますが略儀失礼
ながら書中を以って御礼の御挨拶を申し上げます       敬 具

菩提寺 ○○○○○寺  福岡市○○区○○○○ー○ー○
仏式 忌明け挨拶状

謹啓 皆様には愈々ご清祥のこととお慶び申し上げます
過日 亡父 一郎(○○○歳) 儀 葬儀に際しましてはご繁忙中にも
かかわらずご懇篤なるご弔慰を賜わり尚格別のご厚志に預り洵に有難く
厚くお礼申し上げます
お蔭さまをもちまして仏事万端滞りなく相済ませ本日をもって忌明けと
相成りました
早速拝趨親しく御礼申し上ぐべき筈ではございますが略儀乍ら粗箋を
もちまして謹んで御礼のご挨拶を申し上げます      敬 具

追伸 甚だ粗品ではご座いますが満中陰志としてお送り
   申し上げましたので何卒ご受納下さいます様お願い
   申し上げます
神式 忌明け挨拶状

謹啓 御尊家御一同様愈々御清祥の段慶賀の至りに存じ上げます
過日 亡□ □□ 帰幽の節は御懇篤なる御弔慰を賜わり尚格別の
玉串料に預り洵に有難く厚く御礼申し上げます
お蔭をもちまして□□日祭も滞りなく相済ませました
就きましては早速拝趨親しく御礼申し上ぐべき筈で御座いますが略儀
失礼ながら書中を以って謹んで御挨拶申し上げます     敬具

追伸 □□日祭の偲草の印として粗品を御届け
         申し上げましたから御受納下さいませ
神式 忌明け挨拶状

謹啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます
過日 亡□ □□ 帰幽の際は丁重なるお悔やみならびに御厚志を賜り
誠に有り難く厚く御礼申し上げます
お蔭をもちまして□□日祭を近親相集いまして滞りなく営みました
就きましては早速拝眉の上親しく御礼申し上げるのが本意でございますが
略儀失礼ながら書中をもちまして謹んで御挨拶申し上げます
                            敬 具
キリスト教式 忌明け挨拶状

謹啓 御尊家御一同様愈々御清祥の段慶賀の至りに存じ上げます
過日 亡□ □□儀 召天の節は御多忙の折柄御懇篤なる御配慮を
賜わり尚格別の御献花に預り洵に有難く厚く御礼申し上げます
御蔭を以ちましてこの程滞りなく記念会を相済ませました
早速拝趨親しく御礼申し上げる筈で御座いますが略儀失礼ながら粗状を
以て謹んで御挨拶申し上げます
敬具

追伸 就きましては偲草の印として粗品で御座いますが
          御受納下さいます様お願い申し上げます
キリスト教式 忌明け挨拶状

謹啓 時下益々御清祥のこととお慶び申し上げます
先般 亡父 福岡一郎 儀 召天の際はご鄭重なる御厚志を賜り有難く
厚く御礼申し上げます
お蔭をもちまして○○月○○日(日)に、博多教会におきまして召天
記念会も滞りなく相済ませました
早速拝趨親しく御礼申し上げるべきところ略儀ながら書中をもちまして
謹んで御挨拶申し上げます
又 季節柄、皆々様のご健康を心よりお祈り申し上げます    
                           敬 具
洋2封筒「御挨拶」
洋2封筒「花子」
洋2封筒「太郎」